読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタート

MBAには昔から関心があったが、本気で受験しようと考えだしたのはごく最近のこと。自分の将来のキャリアの方向性が見えてきて、そのためにはMBAが有った方が良い、と思うようになってきたからだ。ある意味、自然で良いモチベーションの出方だと思う。

 

さて、本気で受験しようと考え出したのは良いものの、MBA受験には何が必要なのか、どのようなスケジュールで進めれば良いのか、その辺については当然ながら何も知らなかった。とりあえず最近やったことは以下。

 

MBA受験生・留学生が書いたブログや記事を読んだ。

MBA受験生・留学生は、日本全体でもそれほど数は多くないはずだが、web上の情報はかなり多い印象を受けた。皆さん高確率で記録を残そうと思われるのだろうか。

 

MBAについて書かれた本を買った。

いくつか買ったけど、読んでない。。。体系的にまとめられた良い本はあまり見当たらないかも。

 

・カウンセラーのところに行ってみた。

とりあえず、有名カウンセラーのところに相談に行ってみた。やはり、将来の自分のビジョンと現在の自分自身、そしてそれらのギャップを埋めるためにMBAが必要であることをいかにクリアにできるかがポイントの模様。

MBA受験生を上位から20:60:20に分けると、下位の20は簡単に不合格と判断できるが、残りの80の合否を判断するのは難しい。そこで決め手になるのは、何故MBAが必要なのか、ということをいかにクリアに説明できているかどうかだ」というカウンセラーの言葉は記憶に残っている。

とはいえ、自分の場合は、まずはスコアメイクだね、と結局言われてしまった。

 

・LBSの説明会に行った。

London Business Schoolの説明会があったので、行ってみた。卒業生の方がたくさんいて、みなさん素敵な方ばかりだったし、MBAでの経験を活かして生き生きと働いているようだった。MBAが自分自身のキャリアに役立ちそうであることが再確認できたし、MBA面白そうだな、行ってみたいなと素直に思った。やはり説明会に行くとモチベーションが上がる。

MBAを取ったことで、仕事のオファーも多くなったため、失敗しても大丈夫かも、と考えられるようになった。それによって、リスクを取って大きな挑戦をすることもできるようになった」という話が印象的だった。

 

さて、本格的にスコアメイクのための勉強を始めようかな。